太陽リーグ <金沢市早朝野球協会>

野球が好きなら早朝野球をしよう!

ヘッダー②

HOME ≫

ホームページ更新
(2018年8月10日現在)

明日8/11㈯の試合は行います!

3節⑤ バード対シーサーズ(塁審:Dドラゴン)

次の18日㈯はまだ決まっていません。

塁審の方に
5時全員集合
チームの帽子襟付きシャツスラックス(長ズボン)+スニーカー
(アップシューズ)でお願いします!
審判としてふさわしい服装で。(短パンやスリッパなどは厳禁!!)

太陽リーグ・ローカルルール(ペナルティ・罰金・ホームラン規定)

<人数が集まらないとき>
当日1名減の8名の時は、そのまま試合実施
・人数が集まらず試合延期を希望する場合
ⅰ)試合日の2日前まで…申し出により、延期再試合(ペナルティ・罰金なし)
ⅱ)試合前日…12時までに報告すれば、延期再試合(罰金2,000円)12時以降は不戦敗(罰金2,000円)
ⅲ)試合当日…不戦敗かつ罰金2,000円(当日は無いように!)

※H30より、抑止効果として前日以降のキャンセルに罰金を設定。罰金は納会で徴収する。
※あくまでリーグ戦のみのルール。交流戦や選手権は延期のないように集めること
(最悪集まらない場合は、助っ人にチームのユニフォームを着せてチーム員として出場させること)

<グラウンドルール>
ホームランの取り扱い

【レフト側】
ブロック法面に直接当たればホームラン(最下部でも)
【ライト側】
・ネットが無い箇所(ファールグラウンド寄り)のブロックを直接超えたらホームラン(その左に設置してあるネットの高さは考慮しない)
・センター側から置き型のネットがあるところは、そのネットを越えたらホームラン

 
 

今後の予定


試合の実施判断は、前日18時ごろに更新します。

★試合前日17時頃の金沢地方気象台発表の天気予報で判断します。

<第3回理事会で検討し、下記の通りとしました>
翌朝の試合時間帯が雨の予報で降水確率40%以上の場合に中止となります。

30%以下でも、短時間予報やグラウンド状況によって中止となる場合があります。

 

ホームページ更新時間は、18:00~19:00頃になります。

 

試合ルール

リーグ戦・交流戦ルール
【交流戦】
1・ホームチームが1塁側ベンチ
2・先攻・後攻はジャンケン
3・ボールは各チーム2個新球出す
4・FAX送信はホームチーム(太陽リーグは記録・塁審チーム)
5・特別代打無し、DHあり

【リーグ戦のローカルルール】 

①試合時間は5:30開始、6:45を超えて新しいイニングに入らない
(新しいイニングの開始時間が6:45直前になった場合、両チームの同意があればそれ以前でも終了とすることができる。)

②三塁側ベンチが先攻

③特別代打(守備は変更しなくてよい)あり

④DH制度あり

【グラウンドルール】

①グラウンド内はフリー
 但し 
 ・練習器具、ネット、コンクリートブロックに入ればボールデッド
 ・外野柵をゴロで抜ければエンタイトルツーベース
 ・外野ネットをノーバウンドで超えればホームラン
 ・レフト側は、直接ブロック法面上の土手に当たればホームラン 
②ホームベース上のネットに当たればファール


審判員の心得

(規則書9項審判員に対する一般指示より)

1.審判員は、礼儀を重んじ、しかも公平にして厳格でなければならない。

2.審判員は、競技場における唯一の代表者である。

強い忍耐とよりよい判断とを必要とするようなつらい立場におかれることが起こるが、悪い事態に対処するにあたっては、感情を棄てて自制することが一番大切である。

3.最も大切な掟は「あらゆるプレイについて最も良い位置を取ることである」

   判定が完璧であっても位置がプレイをはっきりと明確に見ることのできる地点でないとプレーヤーが感じたときは判定に異議を唱えるものである。

4.試合進行中はボールから目を離してはならない

走者が塁を踏んだかどうかを知ることも大切であるが、飛球の落ちた地点を見定めたり、送球の行方を最後まで見きわめることがより重要である

5.判定を下すにあたっては、早まることなく、正確を期さねばならない

6.立ち止まって宣告しなければならない。

走りながら「セーフ」・「アウト」の宣告の動作をすることなく、そのプレイが終わるのを待って宣告を下さなければならない

7.埋め合わせをしてはならない

すべて見たままに基づいて判定を下し、自己の決定について誤りを犯しているのではないかと疑ってはならない。

8.疑念のあるときは、ちゅうちょせず同僚と協議しなければならない。

   審判員が威厳を保つことは大切であるが、正確であるということがより大切である

一連の動き

 1:位置の移動(MOVE&STOP) Good Positionの確保

 2:観察(WATCH) 捕球の確認 プレイが終わるまで

 3:判定(JUDGE) 正確に 

アウトは確認をしてからゆっくり

際どいプレーには、大きな声で


  • バナー用